プロフィール

しきっ

Author:しきっ
ポケモンとかアニメとか
TN X:♪Lily♪ Y:Lily white 
AS:Lily♪    
ツイッターID:siki_lisP

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

自分が構築を組む際に極力入れるようにする要素

ネタがない時は積極的に他人のネタをパクっていく姿勢。

①メガガルーラに最低一度は後出し出来るポケモン
XY環境におけるほぼ必須枠。この枠がない構築はスタン系統においては考えられないと言っても過言ではない。

②炎技
これは対ナットレイというより対羽持ちメガハッサムを意識して。
メガハッサムに限らずポケモン対戦において再生技持ちに対して詰むという負け方は極力避けたい。無論等倍火力で強引に処理出来ると言うならば不必要。

③対受けループ
五世代よりは数を減らし衰えたとは言えども対策なしでは手も足も出ないというのが現実。
一つの形として存在する構築に対してマッチングする=9割方負けというのはレートを上げる上で大きな障害となる。
さほど数が多くない受けループに関しては対戦回数を稼ぐことで対処といったことも可能ではあるが、それを言いだしたらキリがないですし何より自分は比較的少ない対戦回数でレートを上げることを目標としている人間なので。(対戦回数をこなすだけのメンタルがないとも言う。)

④フェアリー半減&ドラゴン半減or無効枠
フェアリータイプは一貫性が比較的高く、有利対面からのハイパーボイス連打で壊滅という事態は避けたいところ。
ドラゴンタイプに関しても同様。

⑤対小さくなる
主にピクシーに対しTODや一撃必殺技等何らかの処理を行えるポケモン。

⑥先制技や加速技を含めてメガゲンガーの上を取れる、または素早さを下げられる技を持つポケモン。
ゲンガーに対面からの殴り合い+道連れで二体処理されるというのはXYにおいて特に避けなければいけないこと。

⑦カバルドンを中心としたステロあくび展開に対する解答
これに関しては最早言わずもがな。

⑧対バンギランドルカアロー、ガルガブクレセドランに対する解答
これらの並びに限らず環境トップメタに対してある程度の勝率を維持するのはレートを上げるための最低条件。


スポンサーサイト

コメント

No title

ブログいつも拝見させて頂いています 構築等参考になっています

No title

ありがとうございます!
非公開コメント