プロフィール

しきっ

Author:しきっ
ポケモンとかアニメとか
TN X:♪Lily♪ Y:Lily white 
AS:Lily♪    
ツイッターID:siki_lisP

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取捨選択

一つの構築を組む際に全てのポケモンやギミックに対する策を講じるのは無論不可能です。そこで大切になるのがどの相手に対しての対策を薄めるかということ。
ここでいう相手とは、簡単に言えば高レート帯において遭遇率の低いポケモンや構築のことです。そして遭遇率の低い相手というものは三種類に分類されると個人的に考えています。

①単純に性能の低いポケモンや構築
これに該当するのは、バタフリーやラッタの様な低種族値ポケモン及びゲッコウガやサザンドラの様にある程度の能力こそあれど、一線級かというと疑問の出るポケモンです。実際にある程度以上のレート帯で潜ってみればわかることですが、ゲッコウガやサザンドラは当たったら事故と言ってもいい程に遭遇しません。逆に低レート帯では驚く程遭遇しますが...。

②対策が容易な構築
具体的にはカバルカカイリューやバンギランドルカアローのような構築です。
これらの並びは確かに強力ですが、対策が比較的容易である上に今では非常に広く認知され多くのプレイヤーが何らかの対策を講じています。そしてこれらの並びにその対策を打ち破れるだけの能力があるかというと、個人的には否だと思います。そんな構築が果たして上のレート帯まで勝ち上がってこられるでしょうか?

③その時の流行に弱い構築
シーズン6を例に出すとカゴスイクン、チョッキランドロス等が非常に流行っており、これらのポケモンに弱い構築は非常に苦戦を強いられたと思います。
例を出すとフシギバナやキノガッサを含まない受けループ、②にもあげたカバルドン始動、吠えるのないスイクンを起点にしていたメガギャラドスやルカリオをエースに置いていた構築等がこれに該当します。
そして②同様、これらの構築を使用している人とは使用者のレートが下がる、もしくは使用者が他の構築に乗り換えるといった理由でマッチングしにくいと考えられます。

テスト勉強で出ない範囲の勉強を必死にしても仕方ないのと同じで、遭遇率の低い相手に対していくら対策を講じても無駄になりやすく、それならば遭遇率の低い相手をある程度諦めて遭遇率の高い相手に対しての勝率を少しでも高める方が有益かと思います。
今回あげた例は一部に過ぎませんし、自分がこういった風に考えながら特定の相手のことを切り捨てて構築を作っているということを書きたかっただけの記事です。
切り捨てているとは言っても、最低限は戦えるようになっていることが多いですが...。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。