プロフィール

しきっ

Author:しきっ
ポケモンとかアニメとか
TN X:♪Lily♪ Y:Lily white 
AS:Lily♪    
ツイッターID:siki_lisP

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン17使用構築

1シーズン振りのポケモン
ガルーラ+クレセリア@1の選出で如何に安定して相手のガルーラスタンに勝つかを追求した。

115.pngi_gaburiasu.gif
i_kureseria.gif635a.png
無題i_mariruri.gif

m06.png
ガルーラ@ガルーラナイト
性格:やんちゃ
実数値(メガシンカ後):181(4)-194(252)-123(20)-92(92)-108-138(140)
技構成:猫騙し/捨て身タックル/不意打ち/冷凍ビーム

特に初手で発生しやすいガルーラミラーにおいて、相手の「秘密の力」持ちガルーラに対して安易に物理受けに引く、または麻痺や急所の可能性に怯えながらこちらも「秘密の力」等で突っ張るという不安定な行動をとりたくなかった為に、大半の「秘密の力」持ちガルーラを上から「猫騙し」+「捨て身タックル」で倒すことの出来る火力補正メガガルーラ。
ガルーラミラーにおいて先に「猫騙し」をされた場合はほぼ間違いなく相手も「捨て身タックル」持ち(+大半が陽気or無邪気)だったことから安定してクレセリアを受け出せた。
「不意打ち」はこちらのポケモンと相手のメガガルーラとの不利対面から後述するクレセリアを後投げし、「グロウパンチ」→「秘密の力」→「毒々」→「秘密の力」で処理された場合に「猫騙し」と合わせて上から確実に処理する為に採用。
また、「腹太鼓」後のマリルリや高速アタッカーへの打点としても重宝した。

4888.png
クレセリア@ゴツゴツメット
性格:図太い
実数値:227(252)-*-189(252)-95-151(4)-105
技構成:サイコキネシス/毒々/三日月の舞/月の光

物理受け兼削り要因。
バシャーモやゲンガーに対する有効打としての「サイコキネシス」、高耐久のポケモンを削る「毒々」、「捨て身タックル」により消耗の激しいメガガルーラを再利用する為の「三日月の舞」。

521500.png
サザンドラ@拘り眼鏡
性格:控えめ
実数値:167-*-110-194(252)-111(4)-150(252)
技構成:流星群/悪の波動/火炎放射/気合い玉

一貫性が高く、有利対面から高火力を押し付けることの出来る眼鏡サザンドラ。
メガヘラクロスや遅いメガガルーラに役割を持ちたかったのでCS振り切り。

4455.png
ガブリアス@気合いの襷
性格:意地っ張り
実数値:183-200(252)-116(4)-*-105-154(252)
技構成:逆鱗/地震/岩石封じ/剣の舞

ストッパー性能、汎用性が共に高い襷ガブリアス。
メガクチートを軸としたトリックルーム展開構築に対しての選出が主であり、それ以外にはほぼ選出しなかった。
性格が意地っ張りの理由はガブリアスの選出範囲が限られており、尚且つ陽気ではサイクル構築に対する崩しとしての火力が物足りないと感じた為。

まりるり
マリルリ@オボンの実
性格:意地っ張り
実数値:204(228)-112(252)-101(4)-*-101(4)-73(20)
技構成:じゃれつく/アクアジェット/叩き落す/腹太鼓

「腹太鼓」による強力な崩し性能を持ち、ガルーラと合わせて攻めの主軸を担当する。
ガルーラが苦手とするバシャーモや、クレセリアが苦手とするウルガモス、サザンドラに対して強く出られることから補完としても優秀。
ミラー対策として素早さはもう少し伸ばすべきだった。

521937.pngウルガモス@拘りスカーフ
ウルガモス@拘りスカーフ
性格:控え目
実数値:161(4)-*-99(112)-204(244)-125-139(148)
技構成:炎の舞/オーバーヒート/虫のさざめき/めざめるパワー氷

素早さが過剰気味だったことから準速ロトム抜きに抑え、カバルドンの「岩石封じ」+砂ダメージを耐えて対面から打ち勝てるように残りを耐久面に振った。
ガルーラで素の「猫騙し」を加えた後の非メガゲンガー、及びゲッコウガの「桁繰り」や「冷凍ビーム」に対して後出しし、強力な切り返しを行える。


基本選出はガルーラ+クレセリア@1で、当初の想定通り相手のガルーラスタンに対しては安定して高い勝率を維持することが出来た。
その反面、「捨て身タックル」ガルーラの消耗が激しいことに加えて鋼タイプに対しての有効打を持たない、特殊高火力ポケモンが共に拘ってしまっている等の理由から、環境に多かった鋼タイプ(または高耐久物理受け)+HDポリゴン2(ハピナス)の様なサイクル構築には上手く有利対面を作った上でサザンドラの「気合い玉」を連続で当てなければならず、苦戦を強いられた。
そして、実際に2200以降でマッチングした構築の5/7がそれに準ずるものであり、最後にレートを伸ばし切ることの出来なかった大きな要因でもあった。

使用TN:Mirage
最終レート2214 最終順位8位

雑感:
自分の力不足、勝負弱さを今まで以上に強く感じたシーズンでした。
非常に悔しい状態で六世代のレートを終えてしまったのは心残りですが、めげずに七世代でも可能な限りプレイしていけたらなと思っています。
お疲れ様でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。